緊急事態宣言明け パーソナルトレーニング

随分ご無沙汰になりましたが、パーソナルトレーニングを実施しました!


二分脊椎症(L4)の方のトレーニングを実施しました。


普段から車椅子を利用されているので、プッシュ系の動作は非常に強く、腕立て伏せも難なくこなしていました。

その反面、酷使している筋肉(大胸筋・上腕三頭筋等)はとても固くなっています。その代償として肩甲骨の動きが悪く、肩に痛みが出ていました。


改善策として、

①大胸筋や三角筋前部をストレッチで緩める

②肩甲骨周りを大きく動かすドリルやダイナミックストレッチを行い、血流を良くする

③ローテーターカフを鍛え、肩甲骨を安定させる

④背中の大きい筋肉(広背筋・僧帽筋等)を鍛える


上記の4点を日常的に行うことで、確実に身体は改善されます。健常者も日頃のパソコン作業などでこの傾向は強いですが、車椅子ユーザーは特に取り組んで欲しいと思った1日でした。



63回の閲覧

最新記事

すべて表示

【第6回オンラインダンス】筑波大学付属大塚特別支援学校

実施内容 ・アーティストのAIの【みんながみんな英雄】ダンス 2回 ・スタティックストレッチ ・ダイナミックストレッチ 【ダンス】 普段の活動からダンスに取り組めている事もあり、子ども達は楽しく踊れている印象を受けます🕺正しく踊るのではなく、楽しく大きな動作で踊る事が目標!今後も継続します。 【ストレッチ】 ストレッチに取り組まれている方もいらっしゃいますが、下半身ばかりになっていませんか?PC

筑波大学附属大塚特別支援学校 オンライン保護者会

オンラインで保護者会を実施しました。 質問内容は下記の5点で、保護者の方に進行していただきました。 ①緊急事態宣言後の生活調査 ②家庭での運動状況 ③体重の増減 ④ストレスの有無(精神関係) ⑤子どもの身体や食事、運動療育の活動についての質問 各家庭では、縄跳び・ジョギング🏃‍♂️ダンス💃等取り組めていました。主体的な運動が難しい場合は、保護者からの声かけや指導が必要になってしまうので、負担や

© 2018 BY SSAI協会 障害者スポーツ

athleteikusei@gmail.com   |   東京都八王子市長沼町205−7-101