◆視覚障がい体験ワークショップ開催

NPO八王子視覚障害者福祉協会 副理事長の宮川純様によるワークショップを開催しました。

日本全国には163万人の視覚障がい者が住んでいます。そのうち全ての視覚を失った全盲者は約1割、弱視の方が9割だそうです。人間は9割の情報を視覚から得ています。視力を失ってしまうと、何気ない段差や坂でつまずいてしまったり、自動販売機で欲しいジュースが買えなかったり、弁当箱の中身が分からずレモンを食べてしまったりということが起きてしまいます。

 白杖を持っている方を見かけましたら、どうか声をかけてください。そして彼ら彼女らに情報を与えてください。情報の与え方は【クロックポジション】といって時計に習い『12時の方向に15m進むと改札があります。』という伝え方です。その場まで連れて行くのではなく彼らはとにかく情報が欲しいのです。


ノーマライゼーションの考えが少しでも広がり、温かく住みやすい日本になって欲しいと思います。


八王子市視覚障害者福祉協会

https://hachisikyou.org

一般社団法人デマンド・アンド・ケア

http://www.demand-and-care.com

NPOSSAI協会

https://www.ssai.site





25回の閲覧

最新記事

すべて表示

【第6回オンラインダンス】筑波大学付属大塚特別支援学校

実施内容 ・アーティストのAIの【みんながみんな英雄】ダンス 2回 ・スタティックストレッチ ・ダイナミックストレッチ 【ダンス】 普段の活動からダンスに取り組めている事もあり、子ども達は楽しく踊れている印象を受けます🕺正しく踊るのではなく、楽しく大きな動作で踊る事が目標!今後も継続します。 【ストレッチ】 ストレッチに取り組まれている方もいらっしゃいますが、下半身ばかりになっていませんか?PC

筑波大学附属大塚特別支援学校 オンライン保護者会

オンラインで保護者会を実施しました。 質問内容は下記の5点で、保護者の方に進行していただきました。 ①緊急事態宣言後の生活調査 ②家庭での運動状況 ③体重の増減 ④ストレスの有無(精神関係) ⑤子どもの身体や食事、運動療育の活動についての質問 各家庭では、縄跳び・ジョギング🏃‍♂️ダンス💃等取り組めていました。主体的な運動が難しい場合は、保護者からの声かけや指導が必要になってしまうので、負担や

© 2018 BY SSAI協会 障害者スポーツ

athleteikusei@gmail.com   |   東京都八王子市長沼町205−7-101