NSCAジャパン様にお邪魔させて頂きました。

フィンランドのトレーニング器具の【OLKI Control】を車椅子バスケ選手に使っていただきました。車椅子に乗りながらでもトレーニングができ、移乗の手間が省けます。インナーマッスルを鍛え、他の運動をする前のウォーミングアップとして使えたり、負荷を大きくしてアウターマッスルのトレーニングをしたりと様々なことに応用できます。1台で回旋運動や屈曲運動、ストレッチも出来て持ち運び可能な良い機器でした。器具に関してのご質問等ございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

パーソナルトレーニングや運動療育のご相談も随時受け付けております。



ラックヘルスケア様http://www.lac-hc.co.jp

▶︎肢体不自由・知的障がい・発達障がいの方の福祉用品を多数取り扱っております。

NSCAジャパン様https://www.nsca-japan.or.jp

▶︎トレーニングの有益な情報発信や、トレーニング資格発行等されています。



14回の閲覧

最新記事

すべて表示

【第6回オンラインダンス】筑波大学付属大塚特別支援学校

実施内容 ・アーティストのAIの【みんながみんな英雄】ダンス 2回 ・スタティックストレッチ ・ダイナミックストレッチ 【ダンス】 普段の活動からダンスに取り組めている事もあり、子ども達は楽しく踊れている印象を受けます🕺正しく踊るのではなく、楽しく大きな動作で踊る事が目標!今後も継続します。 【ストレッチ】 ストレッチに取り組まれている方もいらっしゃいますが、下半身ばかりになっていませんか?PC

筑波大学附属大塚特別支援学校 オンライン保護者会

オンラインで保護者会を実施しました。 質問内容は下記の5点で、保護者の方に進行していただきました。 ①緊急事態宣言後の生活調査 ②家庭での運動状況 ③体重の増減 ④ストレスの有無(精神関係) ⑤子どもの身体や食事、運動療育の活動についての質問 各家庭では、縄跳び・ジョギング🏃‍♂️ダンス💃等取り組めていました。主体的な運動が難しい場合は、保護者からの声かけや指導が必要になってしまうので、負担や

© 2018 BY SSAI協会 障害者スポーツ

athleteikusei@gmail.com   |   東京都八王子市長沼町205−7-101